Nyakki! 2.0

LinuxやFirefoxなどのPC系やゲーム、動物など個人的に気になったことや面白そうなことを書いていきます。

Windows10はChromeやFirefoxをインストール「しない」ように警告する機能をテストしている

AdBlock が有効になっている可能性があります。
任意ですが、無効にしていただけると管理人が喜びます。

https://pbs.twimg.com/media/Dm1N04SUYAAMHAn.jpg

THE VERGEなどの情報によると、MicrosoftChromeFirefoxをインストールするときに警告を表示させる機能をテストしているようです。

Microsoft tests ‘warning’ Windows 10 users not to install Chrome or Firefox - The Verge

Windows 10 test 'warns' users against installing Chrome or Firefox

Microsoft intercepting Firefox and Chrome installation on Windows 10 - gHacks Tech News

現在、Windows 10ではFirefoxChromeを使うとEdgeの方が安全で高速であると隅にポップアップが表示されます( Windows 10がChromeとFirefoxユーザーに「Edgeの方が安全」という通知を表示していることが判明 - GIGAZINE Windows 10で他のブラウザーを使用しているとMicrosoft Edgeの広告が表示される? | スラド IT )。

f:id:nakayossi:20180913110305p:plain

こうしたブラウザの宣伝の一環としてなのか、最近のWindows 10 Insider プレビューで競合ブラウザをインストールしようとするとEdgeの方がより安全で高速なためインストールする必要がないと表示されるようになりました。

あくまでテストですが、もし これが実際に更新に含まれてしまうとブラウザだけでなく サードパーティのメディアプレイヤーや画像編集ソフトなどでも同様の表示が行われる可能性もあります。

ですが、THE VERGEのとある情報によるとこの警告は10月にあるアップデートには含まれないとのことです。

もちろん、テストはされているので 今後のアップデートで追加される可能性もあります。


GoogleMicrosoftがブラウザを使用してもらうために自社の別のサービスを活用することはわりと多くあります。

たとえば、Googleは他社ブラウザでGoogle関連のウェブサイトにアクセスをするとChromeをインストールするように と促します。これは、Microsoftも同様です。

また、Androidでは オープンソースAndroid Browserを廃止したため 多くの端末ではChromeを標準でインストールしています。(ちなみにGoogleはアプリストア(Google Play)をプレインストールする条件としてChrome(や他11のGoogleアプリ)もプレインストールするようにと契約していたことなどでヨーロッパから制裁金を支払うようにと過去に命じられています)

このように、ブラウザメーカーはシェアを獲得するために様々な手段を使って宣伝しているようです。
それによってより使いやすいブラウザが見つかるかもしれません。

でも、あまり強引に宣伝されてもいい気分はしませんよね。

【PR】ホームページ作成サービス「グーペ」